広瀬電工株式会社ホーム会社情報事業内容環境活動採用情報

事業内容

環境事業

品質改善により企業のコスト削減を実現 EPフィルター

電力製品向上ソリューション 品質改善により企業のコスト削減を実現

EPフィルターは、電力システムに存在するサージや高周波ノイズをキャッチし、フィルターにかけ吸収する事で、負荷へきれいな正弦波を供給する波形修正フィルターです。

 EPフィルターの『P.P.O.効果』
保護Protection 性能Performance 最適化Optimazation EPフィルタープロモーション映像 EPフィルターは「コスト削減」の革新的ソリューション
「コスト削減」は、EPフィルターの「PPO効果」により実現が可能
電力品質の改善向上により生産工場、事業所および商業施設において
①機器保護と誤作動防止=「生産ラインの稼働率向上」を実現し、
さらに
②エネルギー・ロス削減=「省エネ効果」を達成。
↓
企業の「コスト削減」
電力品質改善によるエネルギーの高効率利用環境を実現するベストソリューション!

EPフィルターの特徴

  1)EPフィルターは回路に並列接続します。
これは大きな電気的障害が発生した際に、電力の安定供給を維持するための重要な特徴です。直列接続でない為、EPフィルターの機能停止が発生しても、施設内の電力供給に影響を与える事はありません。(フューズ内臓による安全性の確保)

2)EPフィルターは最小の電気抵抗経路です。(2Ω)
電圧サージや落雷等の大きな電気ノイズが発生した場合に、EPフィルターはそのノイズに反応して、吸収し、電源系統から障害を除去するように設計されています。障害が甚大な場合にはEPフィルターは自らが犠牲になり整備機器を保護するように設計されています。この様な事象に備えて無条件交換の5年保証を提供しています。(耐久性は15年以上)
EP概観図 最大サージ耐量:EP2000=12,500A

3)EPフィルターにはモニターランプが装備されています。
EPフィルターの各相には、作動を示すモニターランプが備えられており、システムが保護されている事がわかる様になっています。相間が通電しなくなった場合は、ランプが消え、そのEPは交換を要します。5年間交換保証(雷サージによる作動停止も含む。)
4)EPフィルターは小型で設置が容易
歪み波形・サージ部分に動作し、回路に並列する為、一般的なサージ保護製のように回路電力容量に合わせる必要がありません。設置方法も容易。(電流容量は無制限に対応)
5)EPフィルターは米国製、日本特許も取得済み。(2005年)
歪み波形・サージ部分で発生するエネルギーは吸収され、アースに落とさず熱フィルター内で消散されます。一般的な製品のように歪み波形・サージ部分のエネルギーをグランドに放出する必要がなく、そのため回避ノイズ障害はありません。又、アース工事の必要がなくアースがあまり効かない高層階のノイズ対策にも最適。
6)EPフィルターの優位性
・過渡現象(サージの抑制および高周波ノイズの吸収の二つの機能を兼ねるトラッキングフィルター)
・吸収したエネルギーをアースに流源系統全般のインピーダンスを低減。
・劣化がなく、耐久性に優れており、保守管理が不要。(15年以上)
・応答速度が1ナノ秒で過渡現象に対応処理。
7)一般的なSPD(ナージ保護器)との比較
7)一般的なSPD(ナージ保護器)との比較

EPシステムは電子機器を使用されるあらゆる事業、施設に適応できます。

●コンビニエンスストア●病院●商業施設●データセンター●スーパーストアー●生産工場●スポーツ施設●遊戯施設●学校●事務所●保管倉庫●通信施設

EPフィルター 機能概要図

EPフィルター 機能概要図

EPシステム 効果実例

製菓メーカー(EPフィルター)設置 電源品質の改善による省エネ効果を目的とした検証測定。
S‐T相間 高周波ノイズの変化
設置前の測定にて広域帯で存在していた高周波のイズが15KHz~の着実な減衰が見られます。

EPフィルター 設置例


設置写真
動力回路1

資料及びパンフレット 関連情報

製品カタログ

製品紹介
※EPS社の「製品紹介」ページへ転移します。

EP製品カタログ
設置ガイド
※EPS社の「サポート」ページへ転移します。

転移先のPDFファイルを
ダウンロードして御覧ください。

EPソリューション チラシ
EPソリューション
    チラシ

 
資料及びパンフレット
I E E E 2003年改訂基準書(Emeral Book_からの抜粋.pdf
21世紀の新たな環境問題2008.pdf
EPエネルギーロス削減プログラムとは.pdf
資料配布4枚.pdf
EPサージ対策パンフレット.pdf
EP解説by長嶋先生(電子技術より).pdf
 
EP関連リンク先
EPS

http://www.epsolutions.asia/
index.php?LANG_ID=2


開発事業グループ

〒113-0034 東京都文京区湯島2-1-8

03-3255-2212

03-5807-6174

アクセスマップ