沿革

沿革

1925年03月 東京市神田区淡路町に廣瀬商会を創立。ラジオ、部品卸商として業界に第一歩を印す。
1933年04月 ラジオの普及伸展に伴う業務拡張のため(現在の本社所在地)に移転。株式会社廣瀬商会と改組。
1940年12月 今後の発展を期して、株式会社廣瀬商会より現社名の廣瀬無線電機株式会社と社名を変更。
1945年03月 本社戦災のため焼失。本郷にある社長宅を仮営業所とする。
1945年08月 太平洋戦争終わる。再発足のため仮店舗を神田区淡路町に借家して営業を開始。
1946年05月 神田仲町の旧店舖跡に新築移転。
1948年05月 資本金を100万円に増資。
1949年03月 ラジオ・テレビジョン技術研究所を創立。
ラジオ・テレビジョン技術研究所を創立
1951年06月 資本金を1千万円に増資。
1951年11月 ヒロセ・テクニカルサービス株式会社を創立。
1954年05月 本社ビル落成し竣工式を挙行。
1955年04月 廣瀬月販株式会社を創立。
1955年05月 創業30周年記念式典を挙行。
1955年06月 寿土地建物株式会社を創立。
1955年11月 廣瀬三洋製品専売株式会社を創立。
1956年01月 千代田区神田松住町に電波ビルを建設。全国各地に営業所開設。
1965年04月 広瀬電工株式会社を設立し、同時に広瀬電工株式会社城東営業所を開設。
1966年09月 北営業所開設。
1969年06月 多摩、千葉各営業所を設立。
1973年02月 城南営業所開設。
1973年03月 株式会社広瀬が広瀬商事株式会社に社名変更。
1973年10月 本社ビル改築により竣工オープン。
本社ビル改築により竣工オープン
1974年04月 広瀬商事株式会社富山出張所開設。
1974年05月 広瀬商事株式会社前橋営業所開設。
1974年08月 株式会社玉川広瀬静岡出張所開設。
1974年10月 小売部門を分離、広瀬無線電器株式会社として新会社発足。
1975年04月 広瀬商事株式会社に株式会社仙台広瀬を吸収合併。株式会社宇都宮広瀬郡山出張所開設。
1975年05月 創業50周年を迎え、帝国ホテルにおいて、記念式典祝賀パ一ティー挙行。
帝国ホテル富士の間において創業50周年記念式典における、広瀬会長挨拶。
帝国ホテルにおいて記念式典祝賀パ一ティー挙行
1976年04月 広瀬商事株式会社長岡出張所、株式会社大阪広瀬松山出張所開設。
1976年07月 株式会社札幌広瀬苫小牧出張所開設。
1977年11月 三鷹営業所開設。
1978年06月 八王子営業所開設。
1978年11月 足立営業所開設。
1992年02月 DIYルート物流拠点上尾に開設。八王子営業所、立川営業所を合併し、多摩営業所開設。
1995年03月 ホームセンター営業所開設。
1996年06月 創立30周年記念式典新宿ヒルトンホテルで挙行。
1997年07月 ホームセンター営業所解消し商販営業部開設。
1997年09月 城南営業所解消し本社営業所へ吸収合併。
1997年10月 設備営業所開設。
1998年12月 足立営業所解消し城東営業所へ吸収合併。
1999年04月 甲府出張所開設。
2000年01月 北営業所解消し本社営業所へ吸収合併。
2000年05月 城東営業所解消し本社営業所へ吸収合併。
2000年10月 松下電工商品専門販売会社設立し新会社(東京廣瀬ナショナル電工株式会社)へ松下電工商品分離。
2001年06月 松下ロジスティクス草加デリバリーセンターで共同物流稼動。
2002年02月 上尾デリバリーセンター解消し松下ロジスティクス草加デリバリーセンターへ集約。
2002年04月 あかり安心サービス事業参入。
2003年02月 産業廃棄物収集運搬業認可取得(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・さいたま市)。
2003年06月 株式会社広瀬本社との合併により新たな広瀬無線電機株式会社としてスタート。
松下電工リフォーム事業「ココデリフォーム」を組織化。
2004年03月 量販営業部5地区担当制に再編。
2005年01月 銚子営業所3階に設備ショールーム開設。
2006年03月 新5カ年計画発表。
2008年01月 情報セキュリティ、指紋認証事業参入。
2010年09月 EPシステム日本総代理店取得。
2014年02月 量販営業部を廣瀬無線電機へ吸収合併。
2014年09月 湘南営業所開設。
2014年10月 スチームテック社代理店取得。
2015年06月 EMS事業に参入。
2016年09月 『Hi way』3ヵ年経営計画発表。
2016年10月 灯触媒事業参入(エコララコート総代理店取得)。
Net LED 代理店取得。